安全な治療を望む|下肢静脈瘤は名医がいる病院で治療を行なう

血管外科のレーザー治療

脚

下肢静脈瘤などの血管の病気は、血管外科の病院で治療をすることができます。下肢静脈瘤になると血管が浮き出て下肢の審美性が損なわれますが、血管外科で治療を受けると下肢は綺麗になります。血管外科の病院では、レーザー治療による下肢静脈瘤の治療を行っています。レーザー治療は高度な技術力が要求されますが、血管外科にはレーザー治療の名医が存在し、確実に下肢静脈瘤を治療することができます。名医によるレーザー治療では、皮膚の表面からレーザーを照射するだけでなく、血管内治療も可能です。太い血管の静脈瘤も治療することができ、ふくらはぎの側枝静脈瘤もレーザー治療で治せます。レーザー手術の平均的な時間は30分から40分程度で、日帰り手術が可能です。

下肢静脈瘤のレーザー手術は、レーザーで皮膚の下の静脈瘤を収縮させることによって、下肢静脈瘤を治療します。網目状になっている下肢静脈瘤やクモの巣状静脈瘤の治療に優れた効果を発揮します。名医と称される優秀な専門医が在籍している血管外科の病院では、名医が執刀するレーザー手術が受けられます。レーザー手術はメスを使わずに下肢静脈瘤を治療することができ、足に浮き出た静脈が目立たなくなります。血管外科の病院では、レーザー治療以外の方法でも、下肢静脈瘤を治療することが可能です。手術療法以外の治療法には、保存療法や硬化療法などがあり、手術をせずに下肢静脈瘤を治療できます。レーザー手術以外の手術療法にはストリッピング手術があり、皮膚の下の血管を抜き取る方法で治療をします。