安全な治療を望む|下肢静脈瘤は名医がいる病院で治療を行なう

病気の進行を止める

横になる女性

下肢静脈瘤は女性に多く、治療には名医がいる病院での治療が重要になります。名医に指導してもらうことで改善するので、遠方からも通院しています。自宅でもマッサージなどで努力することで、症状の悪化を予防することができます。

View Detail

血管外科のレーザー治療

脚

名医が在籍している血管外科の病院では、名医が執刀する下肢静脈瘤のレーザー手術が受けられます。レーザー手術の所要時間は30分から40分程度で、日帰り手術が可能です。レーザー手術を受けることによって、下肢に浮き出た静脈は解消されます。

View Detail

知っておきたい足の疾患

足を触る人

下肢静脈瘤とは、良性の足の疾患です。生活習慣病を見直すことで、可能な限り予防してきます。また、足に瘤が見つかったら、早期に病院に受診することが望ましいです。名医がいる病院か、しっかりした治療の実績がある病院を選ぶと良いです。

View Detail

安全な治療を望むなら

太もも

下肢静脈瘤になる原因の一つは遺伝的な要因だといわれています。しかし親族に下肢静脈瘤の経験者がまったくいない場合でも、下肢静脈瘤になることはあります。そのような場合に考えられる原因の一つが妊娠や出産です。妊娠中は女性ホルモンの分泌に変化が起こります。女性ホルモンの中でも黄体ホルモンというホルモンが多くなるのです。この黄体ホルモンには、血管の中を流れる血液が逆流しないように存在している弁の働きを低下させてしまう作用があります。こうしたメカニズムによって妊娠中の女性に下肢静脈瘤の患者が多く見られるのですが、名医のいる病院を選んで受診すればそうした下肢静脈瘤を綺麗に治療してもらうことができます。そのため、下肢静脈瘤になったらまずは名医のいる病院を見つけることが重要となります。

下肢静脈瘤は緊急に手術をしなければ命があやうくなるような類の病気ではありません。そのため、下肢静脈瘤の患者の中には別に名医のいる病院でなくてもかまわないだろうと考える人もいます。しかし下肢静脈瘤の治療を受ける際に名医のいる病院を選ぶことは非常に大事なことです。というのも、従来多くの病院で行われてきたストリッピング手術という手術は、静脈瘤のできた血管をまるごと引き抜いてしまうという方法なので、人によっては麻酔が切れた後の痛みがひどかったり、後遺症が残ったりすることがあるのです。誰にとっても痛みや後遺症は望ましくないものなので、そうしたリスクの少ない名医のいる病院が人気を得ています。名医のいる病院では最先端のレーザーによる下肢静脈瘤治療が受けられるからです。